溢れる収集品に困ったら不用品回収業者に相談しよう

収集品が増えすぎて困ったら

このコラムをシェアする

自治体などのルールに従い処分する

処分しようと決断した時に捨てられないと、まだ手元に置いておきたい気持ちになったりして処分できなくなってしまう事があります。
特にせっかく集めた収集品だったりすると愛着があったりするので勢いが大事かもしれませんね。
勿体ないと言う気持ちが大きいかもしれませんが、そのまま放置して誰かに捨てられてしまったりするよりも自分で処分するのが納得して手放せるはずです。

思い立った時にゴミ袋にまとめて放り込んでゴミに出してしまいたいところですが、収集品によって燃えるゴミ、プラゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミなど捨て方が変わります。
気に入って集めた収集品ですから、ゴミ捨てのルールを間違えてゴミ置き場に残されてしまわぬようにしたいですね。

ネットオークションや販売サイトなどで売る

収集品の処分はネットオークションに出品すると言うのも最近主流のようです。
捨ててしまえばただのゴミですが、自分にとって不要になった物でもまだ収集している人にとっては価値のあるものになります。

面倒くさがりタイプや忙しい人にとっては不向きの方法ではありますが、まとめて出品しても売れる場合があります。
よほどプレミアがついているものでない限り金額は期待できないかもしれないので過度な期待をするとガッカリするのでしない方が良いのですが、売るという考え方なら手放しやすいかもしれません。

もしかしたら高く売れるかもと思うならオークションに出品にして様子を見るのでも良いですし、相場に合わせて金額を設定して売れるのを待つのも自分に合うスタイルを選んでみてはいかがでしょうか。